シールについて

今一番使われているシール「マスキングテープ」

シールといえば、丸だったり四角だったり、いろんな形のシールを想像しますが、最近は手紙の封をする時や飾りつけなどをする際、マスキングテープを使う人がとても多いです。
もともとマスキングテープとはペンキや絵の具などを塗る際にはみ出さないように保護するために使われていたテープです。
今では無地だけでなく、水玉やリボン柄、猫柄など様々な柄が作られており、文房具店だけでなく、100円均一ショップでも手軽に購入することが出来ます。
マスキングテープがシールよりも使いやすい理由のひとつに、テープ状であることがあげられます。
小さく切っても使えるし逆に長く切っても使えるため、シールと違い、様々なもののデコレーションで使われることも多いです。
簡単なところでは無地のポストカードの淵に貼ってみたり、瓶にぐるっと巻いてみたり。
中にはテーブル全面に貼ってデコレーションするなんて方も。
普段使っている文房具やピルケースなどなんとなく味気ないと思っている方、ぜひマスキングテープのデコレーションアレンジを試してみてください。

Copyright(c) シール All Rights Reserved.